スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
絶景みつけた!

20071123_img_0309_3週末の三連休、蓼科に行ってきました。



2人で出かけた旅行で、こんなに晴天続きだったのは、いつぶりだろう。。。?ん〜、思い出せない。
そんなわけで、青空の下、絶景がたくさん見られました。紅葉はもう終わってたけど、かえって葉が落ちて雪をかぶった山々がすっきり見えてきれいでした。



写真は、秘密?の絶景ポイント。左は八ヶ岳・右は南アルプス、奥には中央アルプスが見えました。



しかし、寒かった〜。渋滞を避けて、木曜夜に出発したら、着いた頃には、マイナス8度。予約してたコテージの中は凍える寒さ。トイレに座ろうとすれば冷たくて飛び上がるし、蛇口をひねれば氷水のようで顔もまともに洗えないし・・・。思えばむかーし、スキーで民宿に泊まると、そうだったよなぁ。。。でも、そんな生活にはもう戻れない私達は、翌日からはホテル棟に替えてもらったのでした。空いててよかったぁ。



20071123_img_0460_2



スポンサーサイト
蓼科 | 21:13:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
ういろうつながり

20071120_img_0429_4友人の作品展を見に行ってきました。



すると、作品の中に外郎売の絵が。なんとタイムリーな!
外郎売の背負う箱(正式名は違うと思われる。。)には、”小田原”と書いてありますね。やっぱり。
ま、いっか。



20071120_img_0428_5 CGで描いているというその絵は、そうは思えないほど、線やぼかしの使い方などが繊細。歌舞伎や江戸文化にも造詣が深く、いろいろな場面が活き活きと描かれて、面白かったです。



お母様も絵を描かれるということで、親子の作品展でした。
そういうの、いいですねぇ・・







みたもの | 16:54:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
ういろう と ういろう

20071120_img_0295_4
20071120_img_0293_4名古屋出張のお土産に買ってきてくれた「わらびういろ」。



わらびもちとういろうの食感を合わせもつ。。ということですが、食べてみると、確かにプルプル&もちもちの食感。きなこと黒蜜でさっぱりとおいしく頂きました。

ところで、あれ?箱に書いてある絵・・・去年、團十郎が復帰公演で熱演した、歌舞伎の十八番にもなってる外郎売の姿じゃないですか!

でも、外郎売が売るのは、お菓子のういろうじゃなくて、薬のういろうのはず。長〜い長〜い台詞の薬の効能を早口で見事立て板に水のように述べられたら、やんやの大喝采!・・・というのが、外郎売の最大の見せ場だもの。お菓子のういろうとは関係ないんじゃないの。。?(とか言いながら、無知な私はお芝居見るまで、お芝居の外郎売はお菓子を売り歩いてるんだと思ってたけどね)



調べてみると、薬のういろうを作っている会社、その名も「株式会社 ういろう」が小田原にあることがわかりました。しかも、代々継承しているのは、外郎家!の人々。
HPによると、歌舞伎の外郎売のキャラクターは、江戸時代に二代目團十郎がういろう(薬)で病気が全快したことに感激し、創作したものだとか。しかも、この外郎家では、ういろう(薬)の口直しとして、ういろう(菓子・・ややこしい)を開発したらしい。



へーぇ、ういろうといえば名古屋だと思ってたのに。
まあ、このあたり、ういろう(菓子)の起源については諸説あって、ありがちな元祖闘争もいろいろあるみたいなので何とも言えないところだけど。
それにしても、名古屋のお菓子のういろう屋さんの商品のイラストに、薬の外郎売。ちょっと強引な気もしなくもないけど、シャレみたいなものということで。。










たべもの | 15:22:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
受けてきました

20071118_img_0423
20071118_img_0425きもの文化検定、受けてきました。



会場は、東京電機大。
結構気楽な感じで行ったのですが、教室に入るとシーンと静かでなにやらみんな真剣な様子。こういう雰囲気久しぶりです。



でも、試験官や誘導のスタッフが着物姿っていうのが、他にはないことですね。それに着物姿の受験者がちらほら見かけられたのにも、びっくり。家を出るとき「きもの着ていかないの?」と言われて、「まさか〜」と思ったけど、そんなことないんだぁ・・・。



問題は、去年のようなちょっと和める問題に期待してたんだけど、最後までありませんでした。歴史問題。。特に「何時代から始まったか?」というような問題が思ったより多かったなぁ。そんなに細かく覚えてないって。



唯一、もしかして笑うところ?と思ったのが、こんな問題。



男性の袴のたたみ方は?
1)男だたみ 2)俵だたみ 3)石だたみ 4)一本だたみ



「ぷっ、知らないけど、石だたみだけはないでしょ。石畳だもんね」

しかし、答えは・・・石だたみ・・・。
あら、そうでしたか。



終わって外に出ると、秋晴れの中、東京国際女子マラソンの選手達が軽やかに走ってるのが見えました。









わもの | 12:00:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
お味はいかに。。

20071110_img_0279_2TVでトリュフを使った料理を見てつぶやいた私のひと言。
「トリュフっておいしいのかな。。」



「えっ、食べたことないの!?」
・・・ということで、トリュフを食べに行くことになりました。



出かけたのは、フォーシーズンズホテルのイタリアンレストラン、イル・テアトロ。ランチに行ったのですが、ディナーメニューにしかなかった白トリュフのパスタとリゾットを作ってもらいました。



ガラスの蓋に覆われた白いお皿の真ん中に鎮座したまあるいトリュフが、ワゴンでうやうやしく運ばれてきました。「想像以上に大変なものらしい」
まず切り口から香りを確認。「うっすら香りがする・・・かな」
それから白手袋をした手で、リゾットの上からハラハラとトリュフを削ってもらいます。「削り立てはいい香り。なるほどね〜」
食べてみると、独特の舌触りとなんとも言えない風味。味は?・・・というと・・・難しい。確かにリゾットにこれがかかっているのとないのじゃ全然違うというのはよくわかる。なるほどいいアクセントになってます。これ単体でどうこう言うものじゃないのね。
でも、このお値段なら、やっぱり松茸の土瓶蒸しの方がいいかなぁ。。(比べるもんじゃない?)



でも、トリュフがどんなもんかわかってよかった!
お料理も全般的に以前よりおいしくなってた気がするし、どんよりした雨の中、満足なランチでした。



たべもの | 00:14:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
ほぼ一夜干し。。いやいや、一夜漬け

そうは言ってもねぇ。。。
と思ってたら、いいモノ見つけました。全日本きもの振興会推薦の「きもの検定模擬問題集」。



どうも自分でテキスト読んでると興味の薄いところは読み飛ばしちゃうので、各分野からまんべんなく問題(100問)が出ているのがありがたい。さーっとやってみて、できないところを見直すって方が効率がいいみたい。



それにしても、遅すぎか?まぁ、直前の方が忘れないで済むってこともあるし。。。?



去年の問題も出てたのでやってみたら、こんな問題が。



きものや帯の湿気をとるために風通しがよく、日の当たらない場所に掛ける風習を何と呼ぶか。
1)虫干し 2)甲羅干し 3)虫取り 4)一夜干し



「甲羅干し。。カメか!?」「虫取り。。カブトムシか!?」「一夜干し。。ホッケか!?」・・・と、ひととおり突っ込んだところで、もちろん正解は「虫干し」。笑かしてもらいました。本番もこんなんばっかりだといいんだけど。。





わもの | 21:06:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々の受験??

20071107_dsc029132きもの文化検定の受験票が届きました。



この検定ばやりの時勢に乗っかるのもどうかと思うけど、せっかく着物の世界にふれるようになったのだから、まあひととおりのことは知っておいても損はないだろう。。ってことで、受験申し込んでたのでした。



要はきもの文化を広めたい「全日本きもの振興会」の策略にまんまと引っかかってるわけですが。



公式テキストの本が、写真もきれいで(ちょっと趣味に合わないコーディネートは多いが)素人の私が知りたかったようなことが要領よくまとめられていて、結構面白いのです。織物の製作工程なんかもわかるので、「なんでこんな地味な絣や紬が高いの?」なんていう素朴な疑問が解けたり。。(それにしても高いものは高いですが)
着物初心者には、読み物としてオススメ。



でも、受験勉強となるとねぇ・・・
子供の頃から暗記は苦手。
ま、いっか。いろいろ勉強になったし。






わもの | 23:01:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
不思議な物体?

20071107_dsc029123
20071107_dsc029124Yukiが家の外壁の高いところに不思議な物体発見!



貝殻のような固そうなかたまり。



何かの卵?それともサナギ?・・・まさかゴキブリとか。。突然現れて変なものが生まれてきてもこわいので、剥がそうか迷ったものの、一旦調べてみることに。



すると、ドンピシャありました!
どうやらハラビロカマキリというカマキリの卵らしいです。
親はこの卵を産み付けて死んでしまい(卵を産む前にオスを食べてしまうこともよくあるらしい。。すごい、というかムダがないというか)、卵はそのまま冬越え。孵化するのは、なんと約半年後だとか。それまでもつかなぁ?



そういえば、これまで何度か家の周りで春先にチビカマキリ見たことあったっけ。
ゴキじゃなくてよかった。なが〜い目で見守ることにしましょう。



いきもの | 16:58:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
食欲と秋の空

20071103_img_0256_2
20071103_img_0264_3
20071103_img_0271_3土曜日は、Yukiの仕事が終わるのを待って、ANAホテル(現ANAインターコンチ東京)の花梨で飲茶を食べました。



45種のメニューから12種類を選べるので、最初はヘルシーなものを。。と思ってたはずが、いつの間にか「揚げ物も食べてみないと」「デザートも2種類くらいいっとかないと」。。となり、そうでもなくなる。でも、少しずついろんなものが食べられる飲茶は、楽しくておいしいので満足。



写真の真っ黒い液体。これ”黒茶”です。すごい色なので苦そうだけど、これが意外に渋みがなくて飲みやすい。なんだか油をどんどん排出してくれそうで、がぶがぶ飲んでみました。



帰りは、腹ごなしにホテル(六本木一丁目)から市ヶ谷までお散歩。歩くにはいい季節になりました。でも、消費するにはちょっとこれでは足りなかったみたい。



そうそう、翌日はそば屋を探して歩いてたはずが、発見できず、天ぷらたんまり食べちゃったしなぁ・・・。



たべもの | 23:44:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
再びBillboard Live

20071102_img_0233
20071102_img_0246金曜の夜、またまたBillboad Live行ってきました。



今度はDX DUOシート。ステージを正面から見下ろすいい席です。2人専用のL字型ソファでゆったり。



お陰で食事もまたたっぷり食べてしまいました。写真のパーニャカウダ、大振りの野菜が山盛りに盛られていてちょっとビックリでしたが、アンチョビとニンニクのソースで頂く野菜が新鮮で、おいしかった!



この日のライブは、The Brand New Heavies。10年以上前のオリジナルメンバーで、懐かしい曲もたくさん。ボーカルのエンディア・ダヴェンポートの髪も身体も振り回してのパワフルなパフォーマンスに、すっかり元気になって六本木の夜を後にしたのでした・・・。







みたもの | 13:33:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。