スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬支度

20081010_0190_2
20081013_5537_3
20081010_0192






東京はいつまでも暖かくて、衣替えも終わってないというのに(ちょっと言い訳)、山のいきものは早くも冬支度が始まっているようで。。。



冬眠するアナグマは、今一所懸命脂肪をため込んでいるらしく、お腹がまん丸メタボ。(2番目の写真)おなじみのアナグマだけじゃなくタヌキやキツネも訪れるようになりました。



キツネの写真?・・・3番目の右端の筋みたいの。だってキツネったらすごく素早くて、目にも止まらぬ早さで逃げていったんですもの。



スポンサーサイト
蓼科 | 11:21:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいしいものには毒がある?

20081013_5501
20081013_5507
20081013_5510
20081015_5543
20081013_5503


























山道を歩くと、そこここにおいしいそうなキノコがザクザク。
もう、宝の山です!



でも、これこそ”宝の持ち腐れ”。。。



蓼科 | 10:20:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
豊かなくらし

20081010_0002
20081010_000610月のお茶のお稽古は、北鎌倉の先生のお宅でした。



古民家を移築したというお茶室はとても風情があって、虫の声や風を感じながらのお稽古は楽しい〜。広い庭には季節の花々が咲いていて、いい感じです。庭の一角には、焼き物のお窯も。



先生のご主人が陶芸をされるのです。お稽古の終わりにずらりと並んだ作品の中から好きなお茶碗を選ばせて頂きました。
モダンなデザインのものなど惹かれるものがいくつかあったのですが、きれいな緑が気になって、このお茶碗を頂いてきました。せっかく頂戴したのだから、ちゃんとお抹茶点てなきゃ。。



傍らでは、ご主人が次の作品の色付けをされていました。こういうゆったりした四季の変化を感じられる環境だからこそ、できるのでしょうね。いいなぁ、そういうの。



あ、でも環境だけじゃね。感性も豊かじゃないとね。



わもの | 00:14:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
生きてるT字

20081003_0001玄関のドアにちっちゃな変なT字のものが張りついていた。



横幅わずか1〜2cmくらいだけど、よく見るとどうやら足らしきものもあるし、昆虫のよう。こんなの見たことない。



写真に撮って観察。蛾の仲間に違いないとアタリをつけてネットで調べてみたものの、蛾の写真検索は結構キビシイ。。。途中で気持ち悪くなってしまいました。それでも何とかみつけた〜!
トリバガ科という蛾の一種で、たぶんブドウトリバというものみたいです。
この仲間は、みんなT字をしていて横にまっすぐ伸びる羽根が鳥の羽のようなので、鳥羽蛾(トリバガ)というそうです。
この不完全なような細い羽で飛べるんだから不思議。見たこともないような生き物が、東京にもたくさんいるんですね。



しかし、子供の頃は虫とか動物にさほど興味がなかったのに、最近小さな生き物にやけに目が行くなぁ。
これって、年取ったってこと?!



いきもの | 23:44:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
ナツメの嫁入り

20080918_4950_4
20080918_0002_4



両親が蓼科へ1週間長期滞在してました。



台風がゆるゆると迫るあいにくの天気でしたが、雨にしっとり似合いそうなところ。。ということで、以前も雨の日に訪れた木曽の奈良井宿へ。



やはり正解。雨脚もそんなにひどくなく、雨に濡れて静か〜に佇む街並みが、ますます時間が止まっているように見え、いい感じ。観光客も少ないし。
お店の人達もヒマそうで、ついつい話し込みそうになる。



前にツゲの櫛を買った漆器屋さんに再び入ってみると、実は茶道具の卸をしているお店だということが発覚。見るとすごい数の棗や香合が並んでました。何で前には気付かなかったんだろう??

お茶を習っているくせに棗も持っていない私は、一番お手頃な価格帯のものを見せてもらいました。最低価格帯だけでも相当な数。その中で気になったのがコレ。塗りの色合いとモダンな感じのする模様が気に入って、ひと回りしてお昼食べて帰り道に通ったときにもまだ気になっていたので、やっぱりウチに来てもらうことに。。。
小売りの半値という値段から更に値引きしてくれ、桐の箱にきちんと収めて黒文字までおまけにくれました。
いい買い物したぁ。(かどうかは、価値のさっぱりわからない私なのでかなり怪しいが、そう思うことにしよう。)
模様を刀で彫り、金を入れていく「沈金」という手法なんだそうですね。
そんなことも知らなかった・・・。



桁違いの高級品も「せっかくだから手に取って見てごらんなさい」と気軽に見せてくれ、外側は地味なのに蓋を開ける月が現れる。。なんてステキなものや凝った模様のものなどいろいろ目の保養になりました。
お茶をするお友達とゆっくり見たかったな。



わもの | 23:07:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
これも季節モノ・・・かも?

20081002_0003ウチにも来た来た、「ねんきん特別便」。



今月までに全部発送の予定だから、もう最後の方ですね。
事前にインターネットの情報照会サービスで確認してたので、内容は問題なし。



会社勤めの若かりし頃、会社の管理データクリーニングの為、各部署に定期的に資料を送ってたことがあったっけ。いくらわかりやすく回答シートを作ったつもりでも、なかなか返してもらえず、結局個別に電話したり現場に出向いたり。。。あぁ、思い出しても本当に楽しくない仕事でした。
それに比べると、コレは生活環境も年代もバラバラの個人相手。回収は相当困難でしょうねぇ。まあこの場合は「確認しましたよ!」ということが大事だったりするんだろうけど。



しかし、自筆(のコピー)の”桝添要一”のサインは案外効果があるかも。名前で顔と声がイメージできる大臣って最近少ないもの。
でも、大臣が今回変わって印刷し直し・・・なんてことにならなくて、よかったね。



| 21:49:10 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。