スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仁義なき戦い

081226_214403
081226_214154ここ何日かグレーポッサム君のかわいい親子が来てました。



すごく可愛いんだけど、この母さんがこれまた弱気で子連れなのに、なかなか食べ物にありつけない。



で、昨日はずいぶん早い時間に頑張って来たのに既に先客あり。全然動じないどっしりグレー君の様子をじっと伺う親子たち。。。
そして、勇気を出してどっしりグレー君に挑みかかったところ、とっくみあいのケンカになり気弱母さんはやっぱり負けてしまったのでした。
しかも、そのときに左右に逃げた親子はちりぢりになってしまい・・・。
親子の運命はいかに。。。



と、書いてたら、今親子の姿発見!
あぁ、よかった。巡り会えたんだねぇ。



スポンサーサイト
いきもの | 21:05:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
タスマニアないきもの

081226_214010このコは誰でしょう?



ポッサムといいます。
ただ今タスマニアにいます。滞在しているキャビンに毎晩のように訪れるこのコ達を見るのが、楽しみのひとつ。タスマニアにたくさんいる有袋類の一種で夜行性なので日が暮れるとやってくる大食漢。これはBrushtail Possumという種類なんだけど、グレーっぽいのと茶色っぽいのといろいろいるみたい。



081225_2251142枚目のは、茶ポッサムの親子。
鼻筋が通ってるグレーポッサム君達に比べて、このコったら顔がべちゃっとつぶれてて、それがちょこまかお母さんにまとわりつくもんだから、なんともかわいい。これは、お母さんに「ちょうだい、ちょうだい」してるところ。




081225_215701 レッサーパンダの風太に負けないこんなポーズだってできるんですよ。なんかダブダブのズボンはいてネクタイしてるおじさんみたいだけど。



いきもの | 20:51:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
来年の干支は・・・?

20081211_0007
20081211_0008はい、来年の干支は丑ですね。



今日、お茶の先生のお宅に伺ったところ、色も表情も形も違う小さなウシ達がずら〜り!
陶芸が趣味の先生のご主人がひとつひとつ作られたもので、「ひとつ持っていきなさい」と、選ばせてくださいました。



一緒に伺った2人と「せ〜の!」で指さしたところ、見事にそれぞれ違う色。面白いものです。そして、私が選んだのはこの子。ユーモラスな顔の表情もいいけど、結構気に入ってるのは、この愛らしい後ろ姿です。



いよいよ年の瀬。
あさってからは、恒例のタスマニア行き。我が家の大晦日は早くも明日・・・な感じです。



わもの | 23:29:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
和菓子世代

20081210_0003高松の木守(きまもり)というお菓子を頂きました。



”木守”というのは、木に最後にひとつ残った柿のことで、このお菓子は、千利休が七つの楽茶碗から6人の弟子に選ばせたところひとつ残った赤楽茶碗が何ともいい。。と気に入って”木守”と名付けたというエピソードにちなんだものだそうです。なるとのクルクル(子供のときは”のの字”と呼んでた)のような渦巻きは、茶碗の高台の底の模様を表しているのだとか。利休が好んだ麩やき煎餅にほんのり柿の味がする餡が挟まれています。



それにしても最近めっきりお茶に合うお菓子を頂く機会が増えました。私が茶道をかじっていることを知っている人もそうでない人もなぜだか和菓子が多い。。。



これっていつの間にか、ケーキやチョコレートより和菓子が似合う世代になったってことなのかな・・・。



たべもの | 23:17:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬一番?

20081205_0002
20081205_0001昨日はすごい風でした。



うちの近所にこんな大きな葉が茂る木なんてあったっけ?
玄関前には見たこともないような大小のいろいろな葉が入り乱れておりました。この大きな丸い葉なんて顔くらいの大きさがあるんですよ。



空を見上げると、鳥の大群!と思いきや、ちりぢりになった枯葉がうずまいていて凄かったです。

しかもその風が生暖かい風で、春一番かと思った。
まあ、そんなわけはなく、今日は打って変わって一層冬らしく寒くなってきました。
季節がまたグンっグンっと進んで、年の瀬。。の匂いが。。。



あせる〜〜〜



みたもの | 00:11:50 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。