FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
はらロール

100330191134
100330191109
100330191049もう4月が目の前なのに、寒〜〜い。



時間いっぱいグズグズしていたけど、えいっ!とジムに出かけたら、なんと今日はお休みでした



このまま帰るのも悔しい ので、ちょっと気になっていたロールケーキを買って帰りました。



はらロール」という、おとうふ屋さんが手がけるロールケーキ専門の小さなお店です。



いろいろな種類があるけど、ここは定番の白巻と青巻を。



見た目はまったく同じだけど、りすの青シールが貼ってある青巻は、豆乳ベースのシンプルなクリーム。白巻は、それに練乳とあかしや蜂蜜をプラス。



青巻の方がさっぱりスッキリしてて、好きだな
豆乳臭さは、全然なし。
米粉のみ(小麦粉よりカロリーは低いらしい)で作ったスポンジもしっとり軽い。



もう2種類買って、ふたきれづつ食べられたかも。。。



でも、燃焼して帰るはずが、甘いものだけ買って帰るんじゃね。
やっぱり今日のところは、ひときれで正解でしょう。





スポンサーサイト
たべもの | 22:44:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
オールマイティ

20100318211807
20100208161753_2
20100208161212_2蓼科のガス屋さんから届いた葉書。



「本年は、7年に1度の御柱祭が開催され、諏訪地方の全ての人が、諏訪大社の氏子として祭に参加します。そういうわけで、祭の期間中は仕事をしません のでよろしく。」といった趣旨の内容。



祭だから会社全部休むって、東京では考えにくいことなんだけど。。。



御柱祭って、山の上から男達がつぶされそうになりながら大木を落としていく・・・というニュースの映像しか見たことなかったので、1日のイベントかと思いきや、合計16本もの大木を、あちこちの町やら川やら坂やらを何日もかけて大勢の人手で運び、最後に各神社に立てるところまでの一大イベント。



興味ある人は、HP見てみてください。



それにしても、もう1年くらい前から、この地方では「御柱」のキーワードは、最強のオールマイティ。



「御柱だから・・・」と言えば、ほとんどのことが許され、「御柱の為だから・・・」と言えば、ほとんどのことは諦めなきゃいけない雰囲気。
よそ者には、到底理解できない熱さ が、そこにはあります。



千年以上も続いているというこの祭。



いろんな意味でスゴイです。



いろんなもの・こと | 21:34:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
3月のパン教室

20100317190930
20100317191245そういえば、アップしてなかったパン教室も、来月で早丸一年・・・。



時の経つのは早いなぁ。。



今回は、同じ生地で2種類。
抹茶白あんがきれいな”抹茶ツイスト”と、マカロン生地をのせた”ブリオッシュ・アマンド”です。
マカロン生地がたれて焦げた辺りが、カリカリおいしそうでしょ



マリー・アントワネットの有名な言葉、「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない( )」の「お菓子」は、ブリオッシュのことだったんですって。



・・・というわけで、バターと卵がたっぷり!



こねるのも、かなりベチャベチャして大変でした。



材料見ちゃうと食べにくい。



でも、おいしければ、たまにはいいよね。



つくりもの | 20:48:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
花道

100302095226
100302103536
100302153152_1東京大空襲で焼失後、復興。約60年頑張った歌舞伎座も、来月で建て替え。



母の久しぶりの上京が、三月のさよなら公演の初日と重なり、思いがけず第一部を観に行くことになりました。



今月と来月は、珍しい三部構成なので、ひと幕ひと幕は短いのですが、感謝祭の雰囲気満載。



石川五右衛門の「絶景かな」あり、豪胆。。でもかわいらしい巴御前の女暫あり、どこを切っても錦絵そのものの華やかさでした



役者さんはもちろんのこと、浄瑠璃や裏方さんなど、みんなで昭和の歌舞伎座の花道を盛り上げている感じでした。
観客もそれにひと役買える、芝居小屋らしい雰囲気が、やっぱりいいですね。



終わってから裏側を歩いてみると、裏方さんたちの黒いTシャツや足袋がガードレールに干されていました。
ひとりひとり、いろんな思いでつとめているんだろうな・・・



確かに裏に回ると、建物は相当傷んでいます。
3年後生まれ変わって戻ってくる、平成の歌舞伎座も楽しみですね。







これまた思いがけず、お友達の誘いで明日は、三月花形歌舞伎「染模様恩愛御書」を観に行くことになりました。
これまで観てきたものとはひと味違う、新世代の歌舞伎のよう。

伝統を受け継ぎつつ、進化していく大衆芸能なんですね。



わもの | 00:09:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。