FC2ブログ
花道

100302095226
100302103536
100302153152_1東京大空襲で焼失後、復興。約60年頑張った歌舞伎座も、来月で建て替え。



母の久しぶりの上京が、三月のさよなら公演の初日と重なり、思いがけず第一部を観に行くことになりました。



今月と来月は、珍しい三部構成なので、ひと幕ひと幕は短いのですが、感謝祭の雰囲気満載。



石川五右衛門の「絶景かな」あり、豪胆。。でもかわいらしい巴御前の女暫あり、どこを切っても錦絵そのものの華やかさでした



役者さんはもちろんのこと、浄瑠璃や裏方さんなど、みんなで昭和の歌舞伎座の花道を盛り上げている感じでした。
観客もそれにひと役買える、芝居小屋らしい雰囲気が、やっぱりいいですね。



終わってから裏側を歩いてみると、裏方さんたちの黒いTシャツや足袋がガードレールに干されていました。
ひとりひとり、いろんな思いでつとめているんだろうな・・・



確かに裏に回ると、建物は相当傷んでいます。
3年後生まれ変わって戻ってくる、平成の歌舞伎座も楽しみですね。







これまた思いがけず、お友達の誘いで明日は、三月花形歌舞伎「染模様恩愛御書」を観に行くことになりました。
これまで観てきたものとはひと味違う、新世代の歌舞伎のよう。

伝統を受け継ぎつつ、進化していく大衆芸能なんですね。



スポンサーサイト



わもの | 00:09:09 | トラックバック(0) | コメント(0)