スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガンバレ、いきものたち

110714_202309



110716_210916
今シーズンは、蓼科の巣箱は2つ設置してたのですが。。。



約1ヶ月ぶりに覗いてみると、ヤマガラが卵を産んでいた片方の巣箱は、すっかり巣立ちも終わったようで、きれいに整地?されていました。



もう一方は、おぉ〜、シジュウカラの雛たちがたくさんいる
でも、今ひとつ元気がない。
モコモコの毛に囲まれて、暑いんじゃないのかなぁ。。。



そう思ってたら、翌日ちゃんとモコモコが取り除かれてました。
子供達も元気が出てきてるようだし。
いつの間に運んだんだろう。親鳥はえらいなぁ。



親鳥は、せっせと餌を運びながら私達が視界に入るとさかんに警戒して鳴きます。
かわいそうなので、なるべく近づかないようにしてたのだけど、また激しく鳴く声がするので巣箱を見ると、雛たちが次々と巣箱の穴から飛び出てきた〜。



「そうか、そうか巣立ちか。まだ小さいのに頑張るねぇ」
と呑気に見ていたのですが、よく見ると巣箱の下に大きな蛇が



雛たちは親鳥の指示で、まさに決死のダイブをしてたのでした。
親鳥と一緒に飛べているのもいるけど、ダイブしたもののすぐには飛び立てず、ヨロヨロ歩いているのも。ダイブできずに巣箱に残った1羽と一緒に、あまりに危なっかしい1羽も回収して巣箱に。



次の日覗いてみると、残った雛も孵化しなかった卵も跡形もなく、またきれいに整地されていました。



そこにとどまるのは危険と判断して、早めの巣立ちとなったようです。



ついかわいい方に荷担してしまうのが人情だけど、鳥も蛇も生き残るのは本当に大変なことです。

スポンサーサイト


蓼科 | 00:03:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。